We are Baseballers26 ~Play Ballは世界の合い言葉!! ~


共栄大学女子バスケ部 臨時講師

ということでOfficial Facebookページでも告知をさせて頂いていた共栄大学女子バスケ部臨時講師を13日(日)に務めさせて頂きました。色々と自分では準備をして行ったものの、当日の講義内容の構成力だったり、イレギュラーに対応する力だったり、時間配分だったり、予定に添えないことだったりと自分の中では全く持って納得がいかなかったのですが、最低限どうしても彼女たちに伝えたいことがあって、それだけは唯一なんですができたかなとは思っています。

この講義では主に向上心、モチベーション、姿勢、また僕自身のアメリカでの経験等にフォーカスをして話しを進めたのですが、伝えきれなかったこともあるので、ここでも再度補足をします。彼女たちに今一番必要なことは持って生まれ才能なんかではなくて、現在自分のたちの手の中にあるものの価値に気付くことです。

当たり前のようにプレーできる体育館があり、ボールがあり、トレーナーがいて、支えてくれる支援者・マネージャーがいて、ウェイトルームがあり(部屋の大小、器具の多さ少なさは問題ではないです。小さく少なければそれを補う工夫する向上心を持てば良いだけです)、※楠田香穂里監督という稀有な存在のオリンピックや国際大会で活躍をされた経験を持つ指導者が目の前にいることです。断言します、これらのピースが当たり前に彼女たちの目の前にあることは‘‘奇跡‘‘なのです。

人生において最も尊い時間には限りがあります。Time is money (時は金なり)と言いますが、実際はTime is life (時は人生である)です。長い長い彼女たちの人生においてたったの4年間、たったの4年間しかこんな‘‘奇跡‘‘の日々は続くことがありません。人間は愚かな生き物なので、失ってみて気づくことがたくさんあります。僕もたくさん今までに‘‘当たり前‘‘がなくなった後に気付いたことがたくさんあり、たくさん失敗もし、後悔もしました。

だから僕が願うことは彼女たちにとってとても大切なバスケをプレーしている間に、素晴らしい環境、仲間、監督やサポートをして下さる全ての皆さんとの‘‘奇跡‘‘の日々に気付いてもらうことであり、ここで得る気づきを日常生活にもフィードバックしていくことで、両親を大切に思うこと、好きな人を大切に思うこと、仲間を大切にすること、周りの当たり前を大切にできる人間になって欲しいと思います。

人生は簡単に行かないことが多い。打ちのめされて目の前に光が見えなくなることもある。でもやられても泣いたままで終わるのか?そのまま逃げ続けるのか?立ち上がり良い方向に変えて行く勇気を持つのか?選択権はいつも自分の中にあります。自分次第でいくらでも目の前の景色や世界を変えて行ける可能性を手にしているのだということを今日の話し合いの中で少しでも感じてくれて一歩を踏み出す選手がいたら、それが自分にとっては何よりも幸せなことです。

KOREKARAも共栄大学女子バスケ部の活躍と飛躍を応援しています。また最後になりますが、今回日本の大学生を相手に自分の経験を伝えるという夢の1つを叶えて頂いた※楠田香穂里監督と楠田康弘トレーナーに今一度この場をお借りしてお礼を申し上げます。本当にどうもありがとうございました。選手としても誇れる経歴もない、日本の野球界でもキャリアも全くない、ただただベースボールが好きでそこで踏ん張っているだけの自分のしてきたことに評価をして下さり、‘‘仕事(対価を支払って頂くこと)‘‘としてお話しを頂いたことが自分にとって、また今後の野球界にとっては大きな大きな価値になったと信じています。

僕のように選手として何の実績もない、日本球界でも何の実績もないそんな野球人がこういった場に出せて頂いたことで、確実に野球界の産業において新たな価値創造ができたと信じていますし、これからもその数を増やせるように全力で同じようなチャンスには望んで行きます!!いや~高校しか卒業してない自分が大学で講義させて頂けるなんて最高にROCKな時間でしたね(^_-)

それではまた!!

※楠田香穂里監督の経歴→

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%A0%E7%94%B0%E9%A6%99%E7%A9%82%E9%87%8C

We are Baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

人間の知恵というものは、しぼればいくらでも出てくるものである。もうこれでおしまい。もうこれでお手上げなどというものはない。by 松下幸之助

Respectfully

Yoshi (三好 貴士)

 

 

【(株)ベースボールマネージメントインターナショナルWebsiteはこちらをクリック】

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

Copyright (C) taka-miyoshi26.com All rights reserved.

Advertisements


Kenshoku Takubo as known as “Kenny“ 『BMI Inc. Alumni No,1』

日本を含めて世界6カ国(日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア、チェコ、オーストリア)に飛び出て野球をし続けた田久保賢植が静かに誰にも気づかれずにバットを置くことを決めました。良くここまで僕のきつい要求を飲み込みながら日本人選手が踏み込んだことのない領域、ましてやチェコにまで行き野球をし続けてくれたと思います。

彼と共に今まで日本の野球界には存在する事のなかったキャリアパスを創り出したことは僕にとっては一生の財産です。ビューワーの皆さんにも名もなき野球選手の冒険をこれまで楽しんで頂けて光栄でした。ただ、僕らのような立場の野球人には“引退”などという概念はなく、当たり前のように今彼は社会人として日々働いています。

今シーズン帰国後に4社の面接を受けて全て 内定を頂きました。僕が何よりも嬉しかったことはこれまで長い間海外で野球のキャリアを築き上げるために共にパートナーとして行なって来たことの成果を32歳の中途採用が一発で決まるという形を見せられた事であり、今すでに幹部候補生として人事担当の面接官をしていることです。

彼の新しい冒険は今始まったばかりですが、これは野球界に選手としてではなく、新たな形で姿を見せるための助走期間だと捉えて下さい。次のステージで更に意味のある事を表現するために、選んだ道でもあります。また海外の現場にいつもいるのが大好きな僕のために彼が日本にいる事を決めてくれたわけでもあります。

株式会社BMI(ベースボールマネージメントインターナショナル)の一番の生徒が学校を卒業し、これから日本、世界、地球という大きな学び舎で選手時代よりもダイナミックに、新たな価値創造の物語の続きをお見せしますので、KOREKARAの彼の活躍に期待して下さい。マネージメント契約をした選手たちがこうやって次のステージでも当たり前に力を発揮することが僕にとっては何よりの誇りであり、自慢でもあります。次回はアメリカ大学、プロ野球野球独立リーグにてプレーし、現在は西武ライオンズの通訳として働く町田義憲のこと紹介して行きたいと思います。

 

 

We are Baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

好奇心はいつだって、新しい道を教えてくれる。by ウォルト・ディズニー

Respectfully

Yoshi (三好 貴士)

 

 

 

【(株)ベースボールマネージメントインターナショナルWebsiteはこちらをクリック】

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

Copyright (C) taka-miyoshi26.com All rights reserved.


Every story has an end, But in life every ending is just a new beginning!!

とうとう2015年シーズンも終わってしまいました。シーズン後も球団関係者の方々、地元スポンサー様へのご挨拶等でドタバタしていました。書きたいことは山ほどあるのですが、1つ言えることは僕はもう次のステージへ向けて動き始めています。1つの物語の終わりは結局のところ始まりでしかありません。良かったことも、そう感じることができなかった結果も全て受け止めて、飲み込んで自分の力に変えて前に進んで行くのみです。目指したゴールは遥かかなたにあります。

今の僕には休息をとる時間もないし、取る必要もないと思っています。残念ながらソノマ・ストンパーズに球団初となるリーグチャンピオンの座を持ち帰ることができませんでした。7月11日に監督に就任してから13勝5敗と勝ち越して調子の良かったチームは8月に入り、10勝16敗と大きく負け越しました。

主力選手4人の昇格、また現役を途中で引退する主軸選手(学校に戻るためです)が抜けてから、ルーキーの加入で最後はもともといたレギュラー選手がラインナップに2人しかいないという状態でした。これこそがアメリカベースボールの流動性です。こんな中で勝てなかったのは間違いなくタクトを振るった自分の力のなさであり、また来年に選手獲得における課題も明確に見つかりました。最終戦となったプレーオフも4対3で一歩及ばすでしたが、経験のあるチームとそれを持たないチームの間にあった差は点差以上に大きなものでしたが、僕らは全ての力を出し切り、全力で戦い負けたので、この敗戦には何の後悔もありません。

僕自身監督としてもできるだけのカードをきって戦いきったので、試合後は悔しさよりもすがすがしさが残りました。今シーズン一番熱い試合で、一番ソノマのファンのサポートと思いを感じることができました。あの瞬間僕はこの地球上で間違いなく一番幸せな監督だったと思っています。

小さな街にあるおらが街のプロ野球球団であるソノマ・ストンパーズにこれだけ喜び、涙し、サポートをして下さるファンの方々、スポンサーの方々がいたことが僕らには何よりの誇りでした。あの日アウェーにも関わらずBall Parkに駆けつけて下さった全ての皆様に今一度この場を持ってお礼を申し上げます。本当にどうもありがとうございました。アウェーのはずの場所がまるでホームのように感じることができた特別な空間でした。

今シーズンは過去5年間僕がアメリカで学んできた知識やつかえた監督さんから学ばせて頂いた全てのことをチームには伝え続け、僕自身も出し切ったと言える年でした。ただそれでも当然ですが、足りないものがたくさんありました。その足りなかったものを埋めるための戦いがプレーオフの敗戦の翌日に始まったということです。ベースボールの奥深さは関われば関わるほど増すばかりです。また毎年いつも強く感じるのですが、これまで以上にこのゲームが僕はまた好きになりました。そして今もこの瞬間もベースボールのことばかりを考えて‘‘夢中‘‘になっている自分がいます。

契約社会なので、来年も現時点で僕がユニフォームを着てグランドに立てる保証はどこにもないのですが、それを実現できるように1日、1時間、1分、1秒の質を高めて、更に成長をした姿でグランドに戻ってこれたらと強く思っている自分が今ここにいます。今シーズンを日本から温かい言葉、また声援を送って下さった全てのストンパーズファンの皆様、また僕のOfficial Facebook Pageからコメント、サポートをして下さった全ての皆様にこの場をお借りして再度お礼を申し上げます。

本当にどうもありがとうございました。また来年もユニフォームを着ることができるように、また野球界に少しでも貢献ができるような人材になれるようにKOREKARAも精進して行きたいと思います。※最後に写真を何点か・・・。

プレーオフ最後の試合前にMeetingをしました。

今年誰よりもチームを救ってくれたベストピッチャーの1人であるショーンとマウンドで・・・・

正捕手のアイザックが抜けた後に僕の厳しい要求に応えてくれたパーカーとルーキーのマークです。

9回裏にサヨナラ負けとなり僕らのシーズンは終わりましたが、選手たちは本当に良くやってくれました。こんな選手たちとともに過ごしたシーズンは全ての瞬間が僕には宝物になりました。

We are Baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

ほんとうに正しいことのために戦ったのなら、負けても恥じることはない。by キャサリン・アン・ポーター

Respectfully

Yoshi (三好 貴士)

 

 

 

【(株)ベースボールマネージメントインターナショナルWebsiteはこちらをクリック】

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

Copyright (C) taka-miyoshi26.com All rights reserved.


1st Win as a Manager!! + First Half Champion!!

監督として初めて記入した7月11日当日のラインアップカードです。忘れることができない日になりました。

オーナーのエリックさんと試合中に。今まで関わったオーナーの中で間違いなく1番きさくで選手たちを思って下さる方です。

今シーズンは3塁コーチャーを務めています。とても日々勉強になることばかりです。

前期優勝決めました。本当に良い性格の選手たちが集まった素晴らしいチームです。

2015年7月11日は僕にとって一生忘れることができない日になりそうです。ソノマ・ストンパーズの監督がリーグコミッショナーから出場停止を受けて(うちの監督はplaying/managerなので)、GMから試合前に通達があり僕が監督を務めることになりました。監督デビュー戦の7月11日、12日と2連勝をし、ホームでファンの皆さんの前で前期優勝を決めることができました。また仮の措置だった監督のポジションなんですが、実は12日に優勝を決めた後に現監督が解任されてしまい(GMとの間で色々とあったのだと思います。詳しいことはここでは書くことはできませんが・・・)、僕がストンパーズの監督に就任することになり、今日正式にGMからチームへの通達がありました。

前半戦に選手としても活躍をした元監督の気持ちを考えるととても複雑な思いですが、GMの決定事項ですから僕もチームも後半戦に向けて前に進んで行くしかないのだと思います。またここで全ての人の名前を上げることはできませんが、僕がアメリカプロ野球において初の日本人監督(NPBを経由せずに)として初勝利を記録することができたのはどんな時も僕を支え続けてくれている家族と両親のおかげです。また当然のことながら今まで僕にコーチとして働くチャンスを下さった数々の大先輩方のおかげです。ハイディー古賀さんという稀有な存在の野球人がその昔コーチをされていた土地でこのようなチャンスに巡り会うことができたのもきっと何かの運命であり、縁だと思っています。

今日選手とのMeetingでも言いましたが、僕はいまだに野球界において何も成し遂げていません。やっとアメリカのプロ野球でコーチングのキャリアをスタートさせてから念願の目標の1つであった‘‘監督‘‘をすることができるスタートラインに立たせて頂くことはできましたが、明日からも1日1日を勝ち抜き、シーズンの終わりまでユニフォームをしっかり着ておくことができるように継続して信じたことを貫いて行くのみです。

僕が目指しているゴールはまだまだ遠くてなかなか見えませんが、この5年間そうしてきたように小さなことを積み重ね続けることで、目指すべき場所に一歩でも近づけるように、KOREAKARAも奇跡を起こし続けて行こうと思います。5年前の自分がここにいることは想像すらつかず、ただただ我武者羅に日々を乗り越えようとやってきました。きっと5年後も想像もできないようなことが起きるはずですし、自分の力で起こせるように明日からもベストを尽くして行きたいと思います。

また最後になりますが、何のキャリアもない僕のような人間に大きな勇気を持ってチャンスを下さったチームのオーナーである、エリックさんとデレクさんに心からお礼を申し上げます。

We are Baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

夢を掴むことというのは、一気には出来ません。小さなことを積み重ねることでいつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。by イチロー

Respectfully

Yoshi

 

 

【(株)ベースボールマネージメントインターナショナルWebsiteはこちらをクリック】

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

Copyright (C) taka-miyoshi26.com All rights reserved.


To Hall of Fame in Cooperstown, NY / 野球の殿堂入りへ

先日、日本でもニュースで取り上げられていた米プロ野球界で初めて同性愛者(ゲイ)であることを公表したチームメイトのショーン・コンロイ投手が6月25日に「ゲイ・プライド」と銘打たれたイベントが催されたこの日の試合で先発し、9回を3安打11三振と好投し、初勝利を完封で飾った際のラインアップカードがなんとニューヨークにある野球の殿堂入りすることになったそうです!!いや~チーム全員がサインしないといけないということでGMから通達があったので、おかしいな?とは思っていたのですがまさかのクーパーズタウン(野球の殿堂)に飾られることになったそうです。なんでもクーパーズタウンからソノマ球団に連絡があり、正式に決定をしたとのことです。どんな理由であれ、自分たちが関わった試合のカードが殿堂入りというのは野球人としてはただただ光栄なことですね。一生の宝物になりました。

http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/1498088.html

http://gladxx.jp/news/2015/06/4296.html

ストンパーズは今苦しい時期を過ごしていますが、この状態を何とか皆で乗り越えてまずはファーストハーフで優勝をしたいと思います。それではまた諸々報告をさせて頂きます。

We are Baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

One man can change the world.

Respectfully

Yoshi

 

 

 

【(株)ベースボールマネージメントインターナショナルWebsiteはこちらをクリック】

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

 

Copyright (C) taka-miyoshi26.com All rights reserved.


Jackie Robinson Day 42!! and Meeting Dusty Baker!!

先日2日の試合はジャッキー・ロビンソンデイでした。僕が18歳で高校を卒業後に単身渡米を決心する理由になった人物であり、僕の生き方に大きな影響を与え続けている最も尊敬する野球選手の1人です。17歳の時にジャッキー・ロビンソンが後世に残した言葉とその生き方に大きな衝撃を受けて以来ずーと僕の憧れの人なのです。ジャッキー・ロビンソンは黒人初のメジャーリーガーであり、野球を懸命にプレーすることで人種の壁を壊し、野球というスポーツを越えて、アメリカ社会にも大きなインパクトを残した人物です。そんなジャッキーの功績を称える日にメジャーリーグで長年選手・監督として活躍をされたダスティー・ベーカーさんがゲストとしてグランドに来て下さいました。

試合前のスピーチでいかにジャッキーが当時多くの黒人にとっての希望だったのか、またダスティー・ベーカーさんが高校生だった時に、苦しい思いをした時にジャッキーの存在がいかに彼らを勇気づけ、奮い立たせてくれたのか?という貴重なお話しを伺うことができ、改めて死んでもいまだにこれだけ多くの人たちの心に思いを残す生き方を貫いたジャッキー・ロビンソンの生き様にただただ感動をしました。

たった一度の人生において僕は幸運にも全力で情熱を傾けることをできるベースボールに出会うことができました。そしてこのボールが僕を世界中に導いてくれたことで、日本国内、国外でたくさんの人と知り合うことができました。これだけの恩恵を僕にもたらしてくれたベースボールに貢献できるような人材になるためにもKOREKARAも今自分に与えられている役割を全力でこなしていきたいと思います。そして僕もジャッキーやダスティー・ベイカーさんのようなパワフルで他の人に影響を与えられるような生き方を貫いて行けたらと思います。試合前にダスティー・ベイカーさんに数分お時間を頂き、今後の僕にとって大変貴重なアドバイスをメジャーの舞台で監督をされていた方から頂きました。

この頂いたアドバイスと言葉を常に胸に抱えて今後も前進あるのみです。

We are Baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

A life is not important except in the impact it has on other lives.(他人の人生に影響を与えられない人生など意味がない) by ジャッキー・ロビンソン

Respectfully

Yoshi

ps.42という番号をつけてグランドに立てる時間はとても幸せな時間となりました。

 

 

 

【(株)ベースボールマネージメントインターナショナルWebsiteはこちらをクリック】

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

 

Copyright (C) taka-miyoshi26.com All rights reserved.


@ AT & T Park and Keep working hard!!

いつも更新がオンタイムでできずにすいません。なかなかシーズン中はまとまった時間が取れないことが多いのです。6月に入ってから実は植松くん(※以下参照)が所属するサンフランシスコ・ジャイアンツの試合を観戦しに行かせてもらいました。植松くんには今回もBP(バッティングプラクティス)用のパスを出してもらい、またもや昨年に引き続きグランドレベルで選手たちの打撃練習を見ることができました。実はこの日植松くんの知り合いの方からフィールドで取材を受けることになり(週刊ベースボールのEye on Majorという枠に載せて頂いたようです。7月6日号の楽天イーグルスの表紙のようです。よろしければご覧下さい)、僕が打撃練習を見れたのはシアトル・マリナーズ側がメインになったのですが、メジャーを代表をする打者である、ネルソン・クル-ズとロビンソン・カノーの打撃を目の前で見れたことには大きな価値がありました。この世界最高峰と言われるメジャーリーグで当たり前のように立ち位置を確保する植松くんの働く姿を近くで見れて僕自身もまたたくさんエネルギーと刺激をもらいました。

またメジャーの投手や野手の守備、打撃、走塁を見ることができて非常に勉強になる1日になりました。僕ももっと頑張って植松くんやドジャースで活躍する“Fumi“(日本人初のドジャースマイナーリーグコーチ就任)こと石橋史匡のような野球人においつけるように頑張って行きたいと思います。以下は当日の写真をいくつか・・・・。

ホストファザーのドンと He is my American Fatherですね!!本当にユーモアがあっていつも笑わせてくれます。最高に良い人です。一生忘れることができない出会いをまたベースボールが僕に与えてくれました。

この号のEye on Majorに掲載して頂きました。よろしければご覧下さい。

30

そしていつも大きな大きな愛情で僕らを包んでくれるホストマザーのジョージアは昨年のワールドシリーズMVPであるバムガーナー投手と記念撮影をしっかりしていました(笑)さすがジョージアです。パワフルで本当に心が大きな人です。こんな包容力を僕も持てるようになりたいと思います。

そして昨年東日本大震災復興支援チャリティーマッチにも快く参加してくれた植松泰良(うえまつ たいら)くんです。ワールドチャンピオンのリングを既に3つ獲得しています。メジャーの舞台に当たり前にいること、また8シーズンもこの場にいること。彼やドジャースで活躍をする石橋史匡からはいつも学ぶことばかりで、良い刺激をもらっています。いつも本当にお世話になっていてありがたいかぎりです。

http://tairauematsu.com/ (植松くんのOfficial Websiteです)

また明日からも彼らの背中に少しでもおいつけるように、自分も今いる場所で全力で夢中になって仕事に向き合いたいと思います。それでは皆さんも良い1日をお過ごし下さい!!

We are Baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

自分にはできないかも知れないという恐れに真正面から立ち向かうたびに、あなたは強さと自信と経験を勝ち取るのです。だから、できないと思うことに挑戦してごらんなさい。by エクレア・ルーズベルト

Respectfully

Yoshi

 

 

【(株)ベースボールマネージメントインターナショナルWebsiteはこちらをクリック】

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

Copyright (C) taka-miyoshi26.com All rights reserved.