We are Baseballers26 ~Play Ballは世界の合い言葉!! ~


新年明けました、おめでとうございます!!

44

ついこの間帰国したと思っていたんですが、もうカリフォルニア・ウィンターリーグに向けて出発の時期です。ここでは毎年メジャーリーグ経験者の監督・コーチの中で本当に色んなことを勉強・吸収させて頂いているので、今からとても楽しみです。しかしながら、昨年ビザが一度所属球団のスーシティーによるペーパーワークのミスで一時的に却下されたこともあるので、今からアメリカへの入国にナーバスになっています(苦笑)

別に僕に落ち度があったわけでもないのですが、アメリカは入国の時にテロが起きて以降というのは非常に神経質になっているので、心配ですね。。。。

それと今年の2月で株式会社ベースボールマネージメントインターナショナルを設立してから1年が経ちます。昨年は本当に色んなことを勉強させて頂くことができる年になりました。今年の僕個人、そして会社としての目標はシンプルです。

‘‘日本球界、社会、世界に現在存在しない価値観を創造する‘‘ それだけです。僕個人としても、会社としてそこを更に追求する1年にしたいと思っています。既に会社としては新規の事業に対して企画書を作成したりもしています。また受ける案件も他社が受けないものばかりをやって行こうと思っています。

今の世の中で勝手に非常識と決めつけられていることを壊し、想像、創造すら現段階でできないと思われていることを一つでも多く生み出して当たり前にしていきたいと思います。相変わらずこんな歳になっても僕には何一つなく、実力不足を痛感させられることばかりなんですが、一つだけ本当に誰にも持つことができない武器を持ち合わせていることを昨年誰よりも僕自身が理解したので、それを追求して行くのみです。

相変わらず、足りないものばかりで、不完全ですが、あきらめずに誰かと比べることなく、僕なりのスピードで前に進んで行けたらと思います。何か今この世の中にない物を生み出すして行く時というのは、条件が悪かったり、難しいことも多いでしょう、でも人生と言うのはそういうことを乗り越えていく時にこそ最高に輝きを増すはずから、そんな部分も含めて面白い人生にして行きます!!

僕は建築家の安藤忠雄さんが大好きなのですが、今日は最後に安藤さんが先日TV番組の中で素晴らしい言葉を僕らに託してくれていたのでここに記します。

We are baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

夢を持ったら過酷な時間を過ごしていかないといけない。(過酷の数だけ夢がある) by 安藤忠雄

Respectfully

Yoshi(三好貴士)

 

ps. 今年の行き先ですが・・・現在ヨーロッパのチームとアメリカ2チーム、アメリカ大手のエージェンシーからありがたいことに仕事のオファーを僕個人として頂いています。どれにするか?どれもとらずに日本にいるか?今の時点では答えを出していませんが、どこにいることになっても信じていることを仲間たちとともに継続して行っていくのみですね。

 

 

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

Copyright (C) wabb26.com All rights reserved.

Advertisements


See you guys in the U.S!!

ということで長い長い就労ビザとの戦いは終わりました。8月5日無事に僕の手元に届いたみた就労ビザをみて改めてこのビザ取得における難しさを実感しました。これだけ待たされる中で正直失ったものは多いです。ただ大きな観点でKOREKARAの野球界を眺めた時には当然必要なことだったと言えます。以前もここで少しふれましたが、アメリカのプロ野球独立リーグで日本人がこうやって‘‘コーチ‘‘などという肩書を得ている前例はほぼ皆無だと思います。(そもそもやりたいと思う人が少ないのだと思います)

 
ビザの種類がコーチと選手用は違うからこそ起きてしまった今回のビザ却下。個人的には本当に痛かった。その一言だけなんですが、コーチ用ビザ取得においては何ビザが適応され、どのような申請を必要とするか?という部分に踏み込むことで、失敗をしながらも得たノウハウは今後に同じような思いで挑戦をする後から続く世代の若者たちには役に立つ日が来ることを信じています。今までもいつもそうでしたから、今後もそれらを活かしていけるように未熟者の僕は勉強を重ねるのみです。

 

新しいことに挑み続けることは言ってみれば、それだけ多くのイレギュラーな事柄に対応をして行くことでもあります。そこにないものを創り出す作業は非常にタフなことでもありますが、後ろを振り返った時に続いている可能性を見渡すと、継続していくことの必要性を感じています。

 

全ての準備は整いました。ますは無事に現地アメリカに着きたいと思います。タイミングの問題でチームは遠征中ですから僕はテキサスにて合流という形になります。とにもかくにもまずは無事に着いてグランドに立つことからですが、久々に井野口選手と西本選手に再会するのは非常に楽しみです。本当に2人はタフなリーグで初めてのアメリカのシーズンを良く戦っていると思います。そのタフさを現場にいて見ている僕は単純に大きく取り上げられることがない彼らのこの戦いの日々に拍手を送りたい気持ちです。

 

アメリカで残されたシーズンもわずかになってしまっていますが、エド・ノートルの背中を追いかける中で、今年の僕らの監督さんである※スタン・クライバーン監督から一つでも多くのことを学ぶために1日、1時間、1分、1秒の価値を最大限理解して残りのシーズンチームのためになるような行動をとることを心がけたいと思っています。それでは皆さんまたアメリカから報告をさせて頂きます!!

 

※スタン・クライバーン→ 1980年に カリフォルニア・エンゼルスにて捕手としてメジャーリーグデビューを果たし、プレーする。引退後は20年間にわたりプロ野球の監督や打撃コーチを歴任し、メジャーリーグのオールスターゲームで活躍をしたアメリカン リーグMVPのジョー・マウアーなどを育てている。2011年はアメリカンアソシエーションリーグに所属するスーシティ・エクスプロ―ラーズの監督を務め た。

 

We are baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

歩き続けていれば、思いもよらぬときに蹴つまずくものだ。歩かずにじっと座ったままで蹴つまずいた人を、見たことがない。by チャールズ・ケタリング(発明家)

Respectfully

Yoshi(三好貴士)

 

 

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

Copyright (C) wearebaseballers26.wordpress.com All rights reserved.


One step closer!!

ご無沙汰しています。今更?と突っ込まれそうですが、再申請されていたビザがアメリカサイドで認可されましたので、東京にあるアメリカの大使館にてビザ面接を行ってきました。このビザ申請やったことがある人は分かると思うのですが、僕のように渡航履歴が多い人間には本当にペーパーワークが大変なんです。間違いがあると、またやり直しになるのでここ数日間は神経使っていました。何とか一日でも早く手元に無事にビザが届いて欲しいそれだけです。グランドに立てない日々は正直に言えば本当にもどかしいです。でもそれは同時に自分がどれだけ深くこの仕事を愛しているのか?を再確認する作業でもあります。僕の頭の中はご飯も食べている時も、休憩時も、歩いていても、ジムにいても、事務処理をしてても、四国の外国人選手のケアをしてても、ベットの中でも常にBaseball(Coaching) なのですから・・・・

たまには他のことも考えたり、趣味を見つけたらどうか?と良く周りからは言われるのですが、どうやら難しそうですね。どうしても今年はグランドに立ちたいのです。※エド・ノートル(アメリカ野球界の重鎮、プロキャリア51年を誇るアメリカマイナーリーグを代表するアイコン)という球界における偉大な大先輩が歩いた道を歩き、少しでもエドの背中を感じたいと思っています。エドからもらったたくさんのたくさんの野球人としての魂を受け継いで、僕が継承し、発展させ球界のために役立てることが教えを受けた僕がエドにできる唯一の恩返しですから、エドにおまえは良くやったと言ってもらえるように今後も真剣にBaseball(Coaching)に向き合いたいと思っています。

KOREKARA僕の2012年シーズンが幕を開けることを強く信じて祈りながら、アメリカへの渡航準備をして行きます!!

We are baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

バスケットボールを大好きな奴がいた。それだけで十分だ。by マイケル・ジョーダン

Respectfully

Yoshi(三好貴士)

 

 

 

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

Copyright (C) wearebaseballers26.wordpress.com All rights reserved.


Stand Up and Keep it Up!!!

ご無沙汰しております。雲隠れしていました・・・・というのは嘘です(笑)ただただアメリカ球団におけるビザ申請のこと、四国アイランドリーグPlusへ入団した外国人選手のケア、アメリカへ送り出した選手たち、(チェコのKennyさん、もちろんあなたも忘れていません笑)最後の大会を前に懸命に練習を重ねる中学生ballersのお手伝いなどなど時間に追われていました。(今も追われてますが・・・何とかBlog更新です)

 

僕は元気にやっています。ただただ全国各地を飛び回っています。そしてKOREKARAも飛び回る予定です(笑)皆様にも色々と今後の動きを改めてご報告させて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。Never give up!!が僕のPersonality なんで、僕は何一つ動かないように見える日々の中でもあきらめていません。むしろさらに大きなAmBiTiOuSを胸に抱えて生きてます。

 

最近本当に思います。男から‘‘志‘‘がなくなったらどうやって生きるんだと・・・・そして最近本当に思います。若い頃からお金で勘違いするような生き方をしなくて良かったなと。稼いだことのない人間の負け犬の遠吠えに聴こえてしまいますが・・・・おかげさまで全くただの一度も自分の信念にぶれずに生きています。言い方が良くないのですが、僕の人生の残り時間はたかが数十年でしょう。

 

その中で大切なものを見失わずに、自分がいなくなる前に、本当の意味で価値のある財産を残せるように今後もチャレンジを続けていくだけです。僕にとって価値のある人生というのはジャッキー・ロビンソンが残した言葉のように他人に良い影響を与えられる人生、そして人(リーダー)を育て、その人の中に大きなAmBiTiOuSを刻んで残していくことだと思いますから、背中を見ている若い子たちに何かを感じとってもらえるようにも最近少し息切れを始めたおじさんはおじさんなりにStand Up and Keep it Up で前進して行きます。

 

四国の香川オリーブガイナーズでプレーさせて頂いていたマエストリ選手(イタリア出身、詳しくは弊社のHPをご覧下さい→http://bmi-2006.com/)がオリックスに移籍することになりました。本当にご理解・ご協力を頂いた皆様の力添えのおかげです。まあでもこれは始まりにすぎません。僕らの人生にはゴールなんてありません。09年シーズンの時の監督さんであり、僕のBaseball mentor の一人でもあるダレル・エバンス(メジャー通算21年間プレー、414本塁打)は常々監督室で僕にこう言っていました。‘‘野球を完璧に分かる日なんて到底来ないだろう。だからこそ常に学び、次のゴールを目指すのだ‘‘と・・・・

 

本当にその通りですね。だから僕もダレルのようの次の高みを目指します!!再申請されたビザそろそろなんですが・・・・また動きがあり次第皆さんにもお知らせいたします。それではまた!!

 

We are baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

逆風は嫌いではなく、ありがたい。どんなことも、逆風がなければ次のステップにいけないから by イチロー(プロ野球選手)

Respectfully

Yoshi(三好貴士)

 

 

 

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

 Copyright (C) wearebaseballers26.wordpress.com All rights reserved.


No creativity is No life!!

ということでビザの遅れ等で今日本にいるので、今できることをということで、先日Business meeting をしてきました。やはり創造性というのはある程度頭がリラックスした状態でないと出てきませんね!!また新規開拓しがいがあることを野球界において見つけました。これを実現するにはまだ少し時間がかかると思いますが、近いうちに実現させたいと思います。野球界は本当にポテンシャルだらけです。面白いことがたくさんできると思います。それと今こうして日本にいるので、今年のチャリティーマッチの件も11月開催に向けて皆さんの協力を得て準備をし始めています。

今年も色んなことが起きますし、起こせると思いますが、それらの一つ一つを楽しみながら前進して行きたいと思います!!それではまた!!

※写真はNYのクーパーズタウン(野球の殿堂)に飾られていたジャッキー・ロビンソンです。(黒人初のメジャーリーガー)僕が18歳で単身渡米をすることを決めたのはこの人の生き様に衝撃を受けたからでした。今でも僕にとっては尊敬するヒーローです。

 

We are baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

私は服をデザインしているのではない。
夢をデザインしているのだ。 by ラルフ・ローレン(ファッション・デザイナー)

Respectfully

Yoshi(三好貴士)

 

 

 

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 Copyright (C) wearebaseballers26.wordpress.com All rights reserved.


Follow his footstep and soul of the game!!

一足先にスーシティー・エクスプロラーズに合流した井野口選手が地元紙で取りあげられました。リンクは以下の通りです。

 

http://m.siouxcityjournal.com/sports/columnists/hersom/hersom-x-s-turning-to-japanese-talent-again/article_e08c4f37-a9ed-5e74-959c-219

 

今回のこのスーシティーというチームは僕にとってはとても意味のあるチームなんです。だから本心を言えば一日でも早くチームに合流したいないうのが偽りのない本音です。今から十数年前このチームの監督はエド・ノートルでした。そうなんです。僕を息子のように可愛がって下さった昨年所属チームの3塁コーチです。エド・ノートルから僕はアメリカ野球の魂を学び、彼からマイナーリーグにおいてのマネジャーとは同時にファンにとって最高のエンターティナーではなくてはいけないことも学びました。そしてエドが選手に出すサインのリズム、スピード、シンプルさ、それらの全てが僕には芸術作品に見えました。

 

もしかしたらエドの最後の年(プロ51年目)になるかもしれない貴重な場面で巡り会い、教え子として色々と学ぶことができたのは‘‘奇跡‘‘としか表現のしようがない出来事でした。僕のKOREKARAの野球人として現場に出た時の仕事は今まで自分のキャリアに大きな影響を与えて下さったダレル・エバンス(メジャーリーグ実働21年、414本塁打)やエド・ノートルのような野球を心の底から愛し、リスペクトする先輩方の魂とその心を次の世代を担う若者たちに伝えることだと思っていますから、エドが残した足跡をたどることで、背中を追いかけて、哲学やその魂を継承できたらと思っています。

 

今からおよそ17年前にエドは日本を訪れすでに伝説である‘‘王‘‘さんにお会いし、西武ライオンズから西口投手を預かっていたことは昨年エドの口から僕は聴いていました。1990年に単体でアメリカの独立リーグが日本のプロ野球から選手を預かったというのは何ともすごいな~と思いつつ、今年彼の教え子にあたる僕がエドが采配を振るった球団にこのような形で関われていることに勝手に運命を感じてしまう自分がいます。

 

2009年シーズン以降の夢はまだまだ続いていますね。井野口選手と2010年のカリフォルニア・ウィンターリーグで出会い、今はその彼がスーシティーの2番打者としてシーズンを戦っています。色々と初めてのことばかりで戸惑う日々を過ごしているでしょうが、それこそが僕が彼に経験をしてもらいたかったキャリアでもあります。人は何でも恵まれる環境に身を置きすぎると、知らない間に成長を止めてしまいます。でも彼はまだ若く可能性に満ち溢れた若者です。そしてKOREKARAの野球少年たちの可能性を一つでも多く創り出すことは彼の仕事の一つでもありますから、苦しみも、悲しみも、楽しみも全部ひっくるめて飲み込んで笑える、強い男に、そして野球選手になって欲しいと思います。

 

井野口祐介選手のブログはこちらです→ http://ameblo.jp/yusukeinoguti/ (No pain No Game)

 

等身大の彼の言葉がここにはあります。しかし苦しんでるな~(笑)僕のブログを見て頂いている数少ない読者の皆さんもそれぞれの分野で色んなことを飲み込みながら、楽しみながら日々生活をされていると思いますが、彼らの挑戦を皆さんに置き換えて何かを感じてもらえたら幸いです。同じリーグのグランドプレーリー・エアホッグスには四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグスから移籍した西本選手もいますので、皆さん両選手ともに応援をよろしくお願いします。僕もビザの件を一つ一つクリアしていけるように最大限やって行きます~!!それではまた!!

 

We are baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

挑戦した不成功者には、再挑戦者としての新しい輝きが約束されるだろうが、挑戦を避けたままオリてしまったやつには新しい人生などはない by 岡本太郎(芸術家)

Respectfully

Yoshi(三好貴士)

 

 

 

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

 

Copyright (C) wearebaseballers26.wordpress.com All rights reserved.


“It ain’t over till it’s over.”

皆さん、ご無沙汰しています!!気がつけばもう5月中旬になってしまいました。ということは・・・そうなんですもう僕が今年所属するスーシティー・エクスプロラーズも17日に開幕を迎えます。僕はというと現在日本にいます。相変わらずなんですが、ビザの件で色々と起きています。先日球団から連絡が来て僕のビザは却下されてしまったとの報告を受けました。

 

簡単に説明すると球団側の申請ミスですね。ただ球団だけを責められないな~と言うのが正直なところです。うちの球団はビザ申請が問題なく進むためにイミグレーションコンサルタント(移民局ビザにおけるスペシャリストだと思って下さい)を雇っています。そしてその方の協力も得てビザ申請を行っていますが、今回このようなことが起きました。

 

アメリカプロ野球において外国人‘‘選手‘‘が取得するビザはP-1ビザと呼ばれるものですが・・・・僕は今回‘‘コーチ契約‘‘をしました。それは当然ビザの種類も変わってくることなんですが、球団が外国人コーチにビザを出した前例がないためにコーチなのにp-1ビザの申請をしてしまったようです。当然僕はこのことをうちのGMにもクリアにしたうえで申請をして欲しいとお願いをしていましたが、結果的に彼らはP-1ビザでの申請で大丈夫だと判断、申請し、却下されたようです。

 

個人的には参ったな~というのが正直な感想です。ただ同時にやはり新しい価値観にチャンレンジしているからこそ起きる問題であるという点は嬉しくも思います。スーシティーという球団の20年における歴史の中でも日本人の選手(井野口選手)とコーチを同時に雇ったのは初のことだと思います。

 

それにコーチ用のビザを出したことがないからこそ起きた問題ということでは評価できるのではないか?とも感じています。こういうことの繰り返してによって世の中の価値観感や物事は前に進んで行くのだと僕は信じています。5年後、10年後に誰か違う人が当たり前のように選手でも、コーチでも、監督でもできるようになってくれれば自分がここで経験していることにも大きな大きな価値が出るということです。

 

このブログを読んでいる数少ない読者の方々、あなたならこんな時どうしますか?相手を責めますか?落ち込みますか?途方にくれるでしょうか?それとも次の手を打ちますか?あきらめて今年は日本にいるでしょうか?皆さんも自分のことのように重ねて読んで頂けたら面白いのではないかな?と思います。(分野は違えど同じようなことに直面する方々もたくさんいると思うので・・・・)

 

僕はというと・・・・当然なんですがまだまだあきらめてません。再申請も含め、色々と方法が他にもあると思っているので、今球団と話し合いをしていますし、色々と対策を練っています。まあこれは今までの僕の経験談ですが、キャリアの飛躍と言うのは得てして押し込まれているように見えたり、感じたりするポイントでの方が起きます。(後から振り返ってみると・・・)それにもう僕も33歳ですから、ドタバタすることなく大人の対応をしていけたらと思っています!!何度も繰り返しますが、今現状自分が知りえる中で、また自分の最高の思考力と能力を駆使して結果がダメなら後悔はないでしょうから、最低限その部分までのファイトは続けて行きます。

 

まあ地球規模でみたらたいしたことではないですね。僕生きてますからね(笑)まあ今後のアメリカ野球における関わりにおいて響くのだけが怖いので、KOREKARA一つずつですがクリアにして行きます!!井野口、西本、待ってろや~!!(笑)それではまた!!

 

We are baseballers!! 野球は世界の合い言葉!!

それでは最後に僕の好きな言葉を一つ・・・・(^_-)

“It ain’t over till it’s over.” (勝負は終わってみなければ終わらない) by ヨギ・ベラ

Respectfully

Yoshi(三好貴士)

 

 

 

【~We Are Baseballers!! チャンネル~(You tube) 海外野球リーグの様子はこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらをクリック】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちらをクリック】

【CWL関連記事はこちらをクリック】

 

 

Copyright (C) wearebaseballers26.wordpress.com All rights reserved.